トップページ » What's New, トップページ » 新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナウイルスの影響に関する調査

― 新型コロナの影響は、観光関連や飲食サービスで特に大きい新型コロナウイルスの影響に関する調査 ―


県内企業の賃金動向に関する 調査を実施しました。その結果をご報告いたします。

本文(PDF)

― 新型コロナウイルスの感染拡大の「マイナス影響がある()」が全体の64.5% -

※「マイナス影響がある」および「大きなマイナス影響がある」の合計

l 特に、旅行・宿泊業で(97.8%)、飲食サービス業(83.3%)で多く、また、県外売上が50%以上の企業で98.9%、海外売上が20%以上の企業で92.0%で多くなっている。

l 一方、建設業、情報通信業、不動産業等において「影響はない」が多くなっている。

― マイナス影響として、「国内観光客への売上低下」が54.9%で最も多くなっている ―

l 旅行・宿泊業で「国内観光客への売上低下」が95.5%、「外国客への売上低下」が75.0

l 飲食サービス業で、「国内観光客への売上低下」が100.0%、「外国客への売上低下」が90.0

l 建設業では「流通体制・仕入れ体制への影響」、製造業では、「県民・県内企業への売上低下」が多く、医療・福祉では「感染対策費用の増加」が多くなっている。

― 「感染対策の検討・実施をしている」のは全体の76.5%-

l 「対策の検討・実施をしている」が多いのは、旅行・宿泊業、飲食サービス業、衣料・福祉、情報通信業。

― 実施対策として、「集会や催事等の中止・延期」(42.7%)、「出張の見合わせ」(32.2%)、「在宅勤務の推奨」(6.4%)、「事務所の一時閉鎖等」(3.8%)が一定数見られる ―

l 旅行・宿泊業において、取られている対策が多くなっており、「事業所の一時閉鎖・休業等」も多くなっている。

l 製造業と医療・福祉において「仕入先や販売先の変更」が多く、情報通信業において、「集会や催事等の中止・延期」、「在宅勤務の推奨」が多くなっている。

― 今後の先行きに「不安がある()」が全体の82.2% ―

※「大きな不安がある」および「やや不安がある」の合計

l 旅行・宿泊業、飲食サービス業、その他のサービス業で「大きな不安がある」が多くなっている。


本文(PDF)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《本調査の問い合わせ先》

株式会社海邦総研 (担当:地域経済調査部 瀬川)

〒900-0015 那覇市久茂地2-9-12-4F  TEL:098-869-8724

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・