景気動向調査のご回答はこちらから(2022年12月調査)

インターネットから景気動向調査に回答できます。

以下のバナーからアンケートページにアクセスし、ご回答ください。


調査へのご回答にあたって

アンケートは各企業の代表者様もしくは経営企画のご担当者様が

ご入力いただきますようお願いいたします。

本調査で得た情報は、全て統計的に処理され、いかなる場合も、個々のデータを公表することはありません。

回答はコチラから ↓

2023年 新春オンラインセミナー

成功する!採用戦略と職場定着

個人と組織が活性化する1on1ミーティング

令和4年度 年末調整実務セミナー

県内企業における人手不足に関する調査結果

県内企業における人手不足に関する調査
~旅行・宿泊業の3割が人手不足「深刻」~

県内企業における人手不足に関する調査

~旅行・宿泊業の3割が人手不足「深刻」~

【調査結果概要】

<人手不足の状況>

回答企業402社において「深刻な人手不足である」が15.9%(64社)、「どちらかと言えば人手不足である」が51.0%(205社)で、合計66.9%(269社)が「人手不足」とした。とりわけ旅行・宿泊業は「深刻な人手不足」と回答した企業が全業種の中で最も多い29.4%を占めた。10月中旬に「全国旅行支援」事業が始まったが、深刻な人手不足により、需要を吸収しきれない可能性も懸念される。

<人手不足にある269社の状況>

<人手不足が生じている理由> ※複数回答

⚫ 全体では「採用活動をしても応募がない」が59.9%で最も多く、次いで「退職による欠員」(45.4%)、「特定の技能等を有する求職者が少ない」(32.0%)が続いた。

⚫ 「採用活動をしても応募がない」は飲食サービス業、不動産業、その他のサービス業、建設業で多かった。

<人手不足により生じている影響 ※複数回答>

⚫ 全体では「従業員の業務量過多」が52.4%で最も多く、「売上機会の損失」(49.8%)、「従業員の残業増加」(35.3%)、「サービスの質低下」(31.2%)が続いた。

⚫ 旅行・宿泊業や医療、福祉において、人手不足要因により多くの影響が生じている。

⚫ 財務面への影響について、「影響がある」が28.3%、「どちらかと言えば影響がある」が51.3%で、両者の合計は79.6%となっている。

⚫ 職場環境・労働環境への影響について、「影響がある」が38.3%、「どちらかと言えば影響がある」が50.6%で、両者の合計は88.9%となっている。

<不足している人材 ※複数回答>

⚫ 全体では、「現場対応などの労働人材」が73.6%で最も多く、次いで「特定の技能・資格などを有する人材」が38.7%で続いた。

⚫ 特に、旅行・宿泊業では「現場対応などの労働人材」の不足が100.0%に達した。

全文(PDF)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《本調査の問い合わせ先》

株式会社海邦総研 (担当:地域経済調査部 瀬川、当銘)

〒900-0015 那覇市久茂地2-9-12-4F TEL:098-869-8724

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

県内景気動向調査(2022年7-9 月実績、10-12月見通し)

― 県内景気は緩やかに回復している

【全体概要】
◼ 現状判断
今期(2022年7-9月)の県内企業の景況判断BSIは21.6で「上昇」超。各種イベントが再開したり、観光客が戻り始めたりしたことなどで、県内外の需要が回復していて、広く産業を下支えしたことから「県内景気は緩やかに回復している」。
来期(10-12月)の景況見通しBSIは8.5で「上昇」超。ただし、足元では円安の進行や仕入れ価格高騰による利益圧迫、感染第8波への懸念など、依然として下振れリスクが多い状況が続く。
【業種別概要】
◼ 観光関連 〔 観光は大きく上向くも、人手不足、単価向上など課題が山積 〕
⚫ 相次ぐ台風襲来や再度の感染拡大があったものの、「行動制限無し」の夏休みで、7-9月期の旅行・宿泊業のBSIは73.5と大きく「上昇」超。人手不足、単価回復が大きな課題となる中、10月からの全国旅行支援策にも期待が集まる。
◼ 建設・不動産関連 〔 建設は「下降」超、非居住用の落ち込み続く 〕
⚫ 7-9月期のBSIは、建設業が-1.5、不動産業等が14.3と、両業種の景況感は分かれた。持ち家やマンションの着工は前年比で増えているものの、アパートの落ち込みが大きい。用途別で見ても、非居住用は前年比、前々年比で大きく落ち込んでいる。資材高騰に伴う利益圧縮を懸念する企業も多い。
◼ 卸売・小売、飲食サービス 〔「上昇」超も 飲食の見通しは大きく下降 〕
⚫ 7-9月期 BSIは卸売・小売業が28.0、飲食サービス業が33.3で共に「上昇」超。行動制限が解除されたことによるイベント催行の再開や、観光回復による消費下支えなどで、全体として回復した。ただ、飲食サービスの見通しは大きく下降。
【雇用】
◼ 従業員数〔 従業員数は人手不足感が強まる 〕
⚫ 7-9月期の従業員BSIは41.0で大きく「不足」超となっている。全体として「不足」超で、特に情報通信業、旅行・宿泊業、その他のサービス業、建設業、医療・福祉などで大きく「不足」超となっている。
◼ パート・アルバイト〔 臨時・パートは若干増加 〕
⚫ 7-9月期の臨時・パートのBSIは0.7で若干「増加」超となっている。その他のサービス業、情報通信業、製造業などで「増加」超となっている。飲食サービス業、医療・福祉などで「減少」超となっている。

【全体概要】

◼ 現状判断

今期(2022年7-9月)の県内企業の景況判断BSIは21.6で「上昇」超。各種イベントが再開したり、観光客が戻り始めたりしたことなどで、県内外の需要が回復していて、広く産業を下支えしたことから「県内景気は緩やかに回復している」。

来期(10-12月)の景況見通しBSIは8.5で「上昇」超。ただし、足元では円安の進行や仕入れ価格高騰による利益圧迫、感染第8波への懸念など、依然として下振れリスクが多い状況が続く。

【業種別概要】

◼ 観光関連 〔 観光は大きく上向くも、人手不足、単価向上など課題が山積 〕

⚫ 相次ぐ台風襲来や再度の感染拡大があったものの、「行動制限無し」の夏休みで、7-9月期の旅行・宿泊業のBSIは73.5と大きく「上昇」超。人手不足、単価回復が大きな課題となる中、10月からの全国旅行支援策にも期待が集まる。

◼ 建設・不動産関連 〔 建設は「下降」超、非居住用の落ち込み続く 〕

⚫ 7-9月期のBSIは、建設業が-1.5、不動産業等が14.3と、両業種の景況感は分かれた。持ち家やマンションの着工は前年比で増えているものの、アパートの落ち込みが大きい。用途別で見ても、非居住用は前年比、前々年比で大きく落ち込んでいる。資材高騰に伴う利益圧縮を懸念する企業も多い。

◼ 卸売・小売、飲食サービス 〔「上昇」超も 飲食の見通しは大きく下降 〕

⚫ 7-9月期 BSIは卸売・小売業が28.0、飲食サービス業が33.3で共に「上昇」超。行動制限が解除されたことによるイベント催行の再開や、観光回復による消費下支えなどで、全体として回復した。ただ、飲食サービスの見通しは大きく下降。

【雇用】

◼ 従業員数〔 従業員数は人手不足感が強まる 〕

⚫ 7-9月期の従業員BSIは41.0で大きく「不足」超となっている。全体として「不足」超で、特に情報通信業、旅行・宿泊業、その他のサービス業、建設業、医療・福祉などで大きく「不足」超となっている。

◼ パート・アルバイト〔 臨時・パートは若干増加 〕

⚫ 7-9月期の臨時・パートのBSIは0.7で若干「増加」超となっている。その他のサービス業、情報通信業、製造業などで「増加」超となっている。飲食サービス業、医療・福祉などで「減少」超となっている。


全文(PDF)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《本調査の問い合わせ先》

株式会社海邦総研 (担当:地域経済調査部 瀬川、当銘)

〒900-0015 那覇市久茂地2-9-12-4F TEL:098-869-8724

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


新人・若手社員フォローアップセミナー

コロナ関連融資の利用に関する調査結果

― 5割強が融資利用 うち2割「返済に懸念」

【調査結果概要】

コロナ関連融資の利用状況

今回調査の回答企業405社において、コロナ関連融資を「借りた・借りている」が55.1%(223社)となった。一方「これまで借りていない」は41.0%(166社)となった。

l  業種別では、「借りた・借りている」が多いのは、飲食サービス業(80.0%)、製造業(71.1%)、建設業(58.3%)だった。

l  資本金1億円以上、従業員数100人以上など比較的規模の大きい企業は「これまで借りていない」が多かった。

コロナ関連融資を「借りた・借りている」223社の状況

コロナ関連融資の総額、元金据置期間の設定

l  元金据置期間について「1年未満」「1年以上2年未満」の合計が36.8%となっていて、融資利用企業の3割強が「融資申請時点から2年未満の収束」を見込んでいたことがうかがえる。

コロナ関連融資の主な使い道 ※複数回答

l  「人件費」(62.3%)が最も多く、「原材料や商品の仕入れなど」(47.1%)、「手元資金としてプール」(46.2%)と続いた

融資返済に向けて取った対応 ※複数回答

l  「据置期間の延長」(30.5%)が最も多く、「実質無利子期間の延長」(14.3%)、「追加融資」(13.9%)と続いた。

融資返済の見通し

全体では「返済できそうだ」が67.7%となった。対して「返済に懸念がある」が21.1%となっている。また、「その他」が7.2%、「無回答」が3.1%であった。

l  業種別では、旅行・宿泊業および建設業で「返済に懸念がある」が多くなっている。

l  地域別では、那覇において「返済に懸念がある」がやや多くなっている。

l  売上先別では、県外(観光客含む)への売上が多い企業において「返済に懸念がある」が多くなっている。

全文(PDF)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《本調査の問い合わせ先》

株式会社海邦総研 (担当:地域経済調査部 瀬川、当銘)

〒900-0015 那覇市久茂地2-9-12-4F TEL:098-869-8724

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

県内景気動向調査(2022年4-6 月実績、7-9月見通し)

― 県内景気は緩やかに回復している

【現状判断】

今期(20224-6月)の県内企業の景況判断BSIは9.9で「上昇」超。行動制限措置がない中で、県民需要が大きく回復したことや、観光客数が回復し、広く産業を下支えし

来期(7-9月)の景況見通しBSI24.0で「上昇」超。県民需要、県外需要の更なる回復を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰が経済回復の重しとなっているだけでなく、コロナ感染者数が依然として多数発生しているなど、下振れリスクも多くなっている。

【見通し】

来期(7-9月)の景況見通しBSI24.0で「上昇」超。県民需要、県外需要の更なる回復を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰が経済回復の重しとなっているだけでなく、コロナ感染者数が依然として多数発生しているなど、下振れリスクも多くなっている。

【業種別概要】

n 観光関連 〔 景気は大きく上向き。単価改善が課題 〕

l 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることができ、4-6月期のBSI58.1で大きく「上昇」超。7-9月期も54.8で引き続き大きく「上昇」超。稼働率の回復に合わせ、単価の回復が今後の課題となっている。

月期のBSIは、建設業が-18.1、不動産業等が17.1と、両業種で明暗が分かれた。持ち家やマンションの着工は前年比で増えているものの、非居住用は金融業、保険業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間の見積もり依頼などの動向から、建設業は7-9月期を5.6の「上昇」超と見込んでいる。

n 卸売・小売、飲食サービス 〔「行動制限無し」で全体として「上昇」超 〕

l 4-6月期 BSIは卸売・小売業が4.0、飲食サービス業が40.0で共に「上昇」超。「行動制限無し」により、全体として需要が回復した。各種資源高騰などのマイナス材料はあるものの、県民需要、県外需要の伸長が見られ、7-9月の見通しも、更なる回復を見通す企業が多くなっている。

【雇用】

n 従業員数従業員数は人手不足感が強まる

l 4-6月期の従業員BSIは34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、情報通信業、建設業等が大きく「不足」超となっている。

n パート・アルバイト臨時・パートは減少

l 4-6月期の臨時・パートのBSI-0.2で若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設業などで「減少」超となっている。


全文(PDF)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《本調査の問い合わせ先》

株式会社海邦総研 (担当:地域経済調査部 瀬川、当銘)

〒900-0015 那覇市久茂地2-9-12-4F TEL:098-869-8724

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今期( 今期( 今期( 2022 年 4-6月)の県内企業景況判断 月)の県内企業景況判断 月)の県内企業景況判断 月)の県内企業景況判断 月)の県内企業景況判断 月)の県内企業景況判断 月)の県内企業景況判断 月)の県内企業景況判断 月)の県内企業景況判断 月)の県内企業景況判断 月)の県内企業景況判断 月)の県内企業景況判断 BSIBSIBSIは9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が は9.9で「上昇」超。行動制限措置が ない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えない中で、県民需要が大きく回復したこと や観光客数広産業を下支えから「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。 から「県内景気は緩やに回復している」。
来期( 来期( 来期( 7-9月)の景況見通し 月)の景況見通し 月)の景況見通し 月)の景況見通し 月)の景況見通し 月)の景況見通し 月)の景況見通し 月)の景況見通し BSIBSIBSIは 24.024.024.024.0で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 で「上昇」超。県民需要、外の更なる回復 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 を見通す企業が多くなっている。ただし、各種資源の高騰 が経済回復の重しとなっているだけ 経済回復の重しとなっているだけ 経済回復の重しとなっているだけ 経済回復の重しとなっているだけ 経済回復の重しとなっているだけ 経済回復の重しとなっているだけ 経済回復の重しとなっているだけ 経済回復の重しとなっているだけ 経済回復の重しとなっているだけ 経済回復の重しとなっているだけ 経済回復の重しとなっているだけ 経済回復の重しとなっているだけ 経済回復の重しとなっているだけ 経済回復の重しとなっているだけ 経済回復の重しとなっているだけ でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。 でなく、コロナ感染者数が依然として多発生いるど下振れリスクもっ。
【業種別概要】 【業種別概要】 【業種別概要】 【業種別概要】 【業種別概要】 【業種別概要】 【業種別概要】
◼ 観光関連 観光関連 観光関連 観光関連 〔 景気は大 景気は大 景気は大 景気は大 きく上向。単価改善が課題 きく上向。単価改善が課題 きく上向。単価改善が課題 きく上向。単価改善が課題 きく上向。単価改善が課題 きく上向。単価改善が課題 きく上向。単価改善が課題 きく上向。単価改善が課題 きく上向。単価改善が課題 きく上向。単価改善が課題 きく上向。単価改善が課題 きく上向。単価改善が課題 きく上向。単価改善が課題 〕
⚫ 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 「行動制限無し」で繁忙期を迎えることがき、 4-6月期の 月期の 月期の BSIBSIBSIは 58.158.158.158.1で大きく「上 で大きく「上 で大きく「上 で大きく「上 で大きく「上 で大きく「上 昇」超。 昇」超。 昇」超。 昇」超。 7-9月期も 月期も 月期も 54.854.854.854.8で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価で引き続大く「上昇」超。稼働率の 回復に合わせ、単価回復が今後の課題となっている。 回復が今後の課題となっている。 回復が今後の課題となっている。 回復が今後の課題となっている。 回復が今後の課題となっている。 回復が今後の課題となっている。 回復が今後の課題となっている。 回復が今後の課題となっている。 回復が今後の課題となっている。 回復が今後の課題となっている。 回復が今後の課題となっている。 回復が今後の課題となっている。 回復が今後の課題となっている。 回復が今後の課題となっている。 回復が今後の課題となっている。
◼ 建設・不動産関連 建設・不動産関連 建設・不動産関連 建設・不動産関連 建設・不動産関連 建設・不動産関連 建設・不動産関連 建設・不動産関連 〔 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 建設は「下降」超、非居住用の案件少なく 〕
⚫ 4-6月期の 月期の 月期の BSIBSIBSIは、 建設業が 建設業が 建設業が 建設業が -18.118.118.118.1、不動産業等が 、不動産業等が 、不動産業等が 、不動産業等が 、不動産業等が 、不動産業等が 、不動産業等が 17.117.117.117.1と、両業種で明暗が分かれ と、両業種で明暗が分かれ と、両業種で明暗が分かれ と、両業種で明暗が分かれ と、両業種で明暗が分かれ と、両業種で明暗が分かれ と、両業種で明暗が分かれ と、両業種で明暗が分かれ と、両業種で明暗が分かれ と、両業種で明暗が分かれ と、両業種で明暗が分かれ と、両業種で明暗が分かれ た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 た。持ち家やマンショの着工は前年比で増えているも、非居住用金融業保険 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業用途の建築物を除き軒並み落ち込んだ。民間見積もり依頼など動向から、設 業は 7-9月期を 5.65.65.6の「上昇」超と見込んでいる。 の「上昇」超と見込んでいる。 の「上昇」超と見込んでいる。 の「上昇」超と見込んでいる。 の「上昇」超と見込んでいる。 の「上昇」超と見込んでいる。 の「上昇」超と見込んでいる。 の「上昇」超と見込んでいる。 の「上昇」超と見込んでいる。 の「上昇」超と見込んでいる。 の「上昇」超と見込んでいる。 の「上昇」超と見込んでいる。 の「上昇」超と見込んでいる。 の「上昇」超と見込んでいる。
◼ 卸売・小、飲食サービス 卸売・小、飲食サービス 卸売・小、飲食サービス 卸売・小、飲食サービス 〔「 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 行動制限無し」で全体とて「上昇超 〕
⚫ 4-6月期 BSIBSIBSIは卸売・小業が は卸売・小業が は卸売・小業が は卸売・小業が は卸売・小業が は卸売・小業が は卸売・小業が は卸売・小業が 4.04.04.0、飲食サービス業が 、飲食サービス業が 、飲食サービス業が 、飲食サービス業が 、飲食サービス業が 、飲食サービス業が 、飲食サービス業が 、飲食サービス業が 、飲食サービス業が 40.040.040.040.0で共に「上昇」超。行 で共に「上昇」超。行 で共に「上昇」超。行 で共に「上昇」超。行 で共に「上昇」超。行 で共に「上昇」超。行 で共に「上昇」超。行 で共に「上昇」超。行 で共に「上昇」超。行 で共に「上昇」超。行 で共に「上昇」超。行 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ 動制限無し」により、全体とて需要が回復た。各種資源高騰などのマイナス材料はあ るもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られもの、 県民需要外伸長が見られ7-9月の見通 しも、更なる回復を月の見通 しも、更なる回復を月の見通 しも、更なる回復を月の見通 しも、更なる回復を月の見通 しも、更なる回復を月の見通 しも、更なる回復を月の見通 しも、更なる回復を月の見通 しも、更なる回復を月の見通 しも、更なる回復を月の見通 しも、更なる回復を月の見通 しも、更なる回復を月の見通 しも、更なる回復を月の見通 しも、更なる回復を月の見通 しも、更なる回復を月の見通 しも、更なる回復をす企業が多くなっている。 す企業が多くなっている。 す企業が多くなっている。 す企業が多くなっている。 す企業が多くなっている。 す企業が多くなっている。 す企業が多くなっている。 す企業が多くなっている。 す企業が多くなっている。 す企業が多くなっている。 す企業が多くなっている。 す企業が多くなっている。
【雇用】 【雇用】 【雇用】 【雇用】
◼ 従業員数 従業員数 従業員数 従業員数 〔 従業員数は人手不足感が強まる 従業員数は人手不足感が強まる 従業員数は人手不足感が強まる 従業員数は人手不足感が強まる 従業員数は人手不足感が強まる 従業員数は人手不足感が強まる 従業員数は人手不足感が強まる 従業員数は人手不足感が強まる 従業員数は人手不足感が強まる 従業員数は人手不足感が強まる 従業員数は人手不足感が強まる 従業員数は人手不足感が強まる 従業員数は人手不足感が強まる 従業員数は人手不足感が強まる 〕
⚫ 4-6月期の従業員 月期の従業員 月期の従業員 月期の従業員 月期の従業員 月期の従業員 BSIBSIBSIは34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 は34.3で大きく「不足気味」超となっている。特に医療福祉、 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。 情報通信業、建設等が大きく「不足」超となっている。
◼ パート ・アルバイパート ・アルバイパート ・アルバイパート ・アルバイパート ・アルバイパート ・アルバイパート ・アルバイパート ・アルバイパート ・アルバイ〔 臨時・パートは減少 臨時・パートは減少 臨時・パートは減少 臨時・パートは減少 臨時・パートは減少 臨時・パートは減少 臨時・パートは減少 臨時・パートは減少 臨時・パートは減少 〕
⚫ 4-6月期の 臨時・パート月期の 臨時・パート月期の 臨時・パート月期の 臨時・パート月期の 臨時・パート月期の 臨時・パート月期の 臨時・パート月期の 臨時・パート月期の 臨時・パート月期の 臨時・パートBSIBSIBSIは-0.20.20.2で 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設などで 若干「減少」超。旅行・宿泊業、建設など「減少」超となっている。 「減少」超となっている。 「減少」超となっている。 「減少」超となっている。 「減少」超となっている。 「減少」超となっている。 「減少」超となっている。 「減少」超となっている。 「減少」超となっている。 「減少」超となっている。 「減少」超となっている。 「減少」超となっている。
県内景気動向調査 県内景気動向調査 県内景気動向調査 県内景気動向調査 県内景気動向調査 県内景気動向調査 県内景気動向調査 県内景気動向調査 (2022022022年 4-6月実績、 月実績、 月実績、 月実績、 7-9月見通し )
― 県内景気は緩やかに回復している 県内景気は緩やかに回復している 県内景気は緩やかに回復している 県内景気は緩やかに回復している 県内景気は緩やかに回復している 県内景気は緩やかに回復している 県内景気は緩やかに回復している 県内景気は緩やかに回復している 県内景気は緩やかに回復している 県内景気は緩やかに回復している 県内景気は緩やかに回復している 県内景気は緩やかに回復している 県内景気は緩やかに回復している 県内景気は緩やかに回復している 県内景気は緩やかに回復している ―
《本調査の問い合わせ先》 《本調査の問い合わせ先》 《本調査の問い合わせ先》 《本調査の問い合わせ先》 《本調査の問い合わせ先》 《本調査の問い合わせ先》 《本調査の問い合わせ先》 《本調査の問い合わせ先》 《本調査の問い合わせ先》 《本調査の問い合わせ先》 《本調査の問い合わせ先》 《本調査の問い合わせ先》
株式会社 海邦総研 (担当:地域経済調査部 瀬川、当銘)
〒900-