トップページ » What's New, トップページ » 県内景気動向調査結果(2022年10-12月実績、2023年1-3月見通し)

県内景気動向調査結果(2022年10-12月実績、2023年1-3月見通し)

― 県内景気は緩やかに回復している

【全体概要】
◼ 現状判断
今期(2022年7-9月)の県内企業の景況判断BSIは21.6で「上昇」超。各種イベントが再開したり、観光客が戻り始めたりしたことなどで、県内外の需要が回復していて、広く産業を下支えしたことから「県内景気は緩やかに回復している」。
来期(10-12月)の景況見通しBSIは8.5で「上昇」超。ただし、足元では円安の進行や仕入れ価格高騰による利益圧迫、感染第8波への懸念など、依然として下振れリスクが多い状況が続く。
【業種別概要】
◼ 観光関連 〔 観光は大きく上向くも、人手不足、単価向上など課題が山積 〕
⚫ 相次ぐ台風襲来や再度の感染拡大があったものの、「行動制限無し」の夏休みで、7-9月期の旅行・宿泊業のBSIは73.5と大きく「上昇」超。人手不足、単価回復が大きな課題となる中、10月からの全国旅行支援策にも期待が集まる。
◼ 建設・不動産関連 〔 建設は「下降」超、非居住用の落ち込み続く 〕
⚫ 7-9月期のBSIは、建設業が-1.5、不動産業等が14.3と、両業種の景況感は分かれた。持ち家やマンションの着工は前年比で増えているものの、アパートの落ち込みが大きい。用途別で見ても、非居住用は前年比、前々年比で大きく落ち込んでいる。資材高騰に伴う利益圧縮を懸念する企業も多い。
◼ 卸売・小売、飲食サービス 〔「上昇」超も 飲食の見通しは大きく下降 〕
⚫ 7-9月期 BSIは卸売・小売業が28.0、飲食サービス業が33.3で共に「上昇」超。行動制限が解除されたことによるイベント催行の再開や、観光回復による消費下支えなどで、全体として回復した。ただ、飲食サービスの見通しは大きく下降。
【雇用】
◼ 従業員数〔 従業員数は人手不足感が強まる 〕
⚫ 7-9月期の従業員BSIは41.0で大きく「不足」超となっている。全体として「不足」超で、特に情報通信業、旅行・宿泊業、その他のサービス業、建設業、医療・福祉などで大きく「不足」超となっている。
◼ パート・アルバイト〔 臨時・パートは若干増加 〕
⚫ 7-9月期の臨時・パートのBSIは0.7で若干「増加」超となっている。その他のサービス業、情報通信業、製造業などで「増加」超となっている。飲食サービス業、医療・福祉などで「減少」超となっている。

【全体概要】

現状判断

今期(2022年10-12月)の県内企業の景況判断BSIは21.2で「上昇」超。各種イベントの再開や、全国旅行支援の実施により観光客が大きく戻るなどで県内外の需要が回復し、広く産業を下支えしたことから「県内景気は緩やかに回復している」。

来期(2023年1-3月)の景況見通しBSIは5.8で「上昇」超。ただし、依然として世界情勢不安やコロナ禍の収束が見通せない状況があり、さらに、原料高騰や人手不足問題などが、より顕在化する可能性もあるなど、下振れリスクが大きい状況が続くと考えられる。

【業種別概要】

観光関連 〔 観光は引き続き大きく回復 旅行支援への期待大きく 〕

全国旅行支援の奏功により、入域観光客数が大きく回復し、10-12月期の旅行・宿泊業のBSIは51.4と大きく「上昇」超となった。仕入れ価格の高騰と、人手不足が引き続き大きな課題となっている。1-3月期の見通しは、旅行支援の終了を懸念し、-13.5で、「下降」超となっている。

建設・不動産関連 〔 建設は3Qぶり「上昇」超、非居住用が回復 〕

10-12月期のBSIは、建設業が3.1、不動産業等が-3.6と、両業種の景況感は分かれた。10-11月の着工建築物工事費予定額は直近5年で最も高い金額に達していて、活況を取り戻しつつある。特に非居住用が伸びた。1-3月期の見通しは建設10.9、不動産業等21.4と、ともに「上昇」超となっている。

卸売・小売、飲食サービス 〔「上昇」も、特に卸・小売で経常収支減に懸念 〕

10-12月期 BSIは卸売・小売業が4.1、飲食サービス業が42.9で共に「上昇」超。実店舗を持つ企業においては、電気代値上がりなどが経常収支を大きく圧迫する見通しがあり、抜本的な対策が求められる。

【雇用】

従業員数〔 労働需要は引き続き高止まり 〕

10-12月期の従業員BSIは47.0で大きく「不足」超となっている。全体として「不足」超で、特に情報通信業、旅行・宿泊業、その他のサービス業、飲食サービス業、医療・福祉、建設業などで大きく「不足」超となっている。


全文(PDF)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

《本調査の問い合わせ先》

株式会社海邦総研 (担当:地域経済調査部 瀬川、当銘)

〒900-0015 那覇市久茂地2-9-12-4F TEL:098-869-8724

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・