トップページ » コンサルティング, 海邦総研の課題解決へのアプローチ » 海邦総研の課題解決への アプローチ

海邦総研の課題解決への アプローチ

ConsultingFlow

海邦総研のコンサルティングは、完全請負型でも指導のみでもありません。お客さまとの緊密なコミュニケーションのもと、役割分担を行いながら、両者が「協業」して進めていきます。なぜなら業務を最も理解し、変革のヒントを持ち得ているのはお客さまだからです。

Step 1 ニーズ確認 コンサルティングプロジェクトを開始する前に、お客さまへのインタビューや協議を通して、プロジェクトの目的とゴールを事前に確認しておきます。
Step 2 現状分析 お客さまのビジネスを取り巻く内部環境(自社の強み・弱みなど)と外部環境(市場や顧客の機会・脅威など)を、様々な角度・手法で分析します。
Step 3 課題整理 Step 2の分析結果と「あるべき姿」を対照させてギャップ(差異)の洗い出しを行い、ゴールに近づくために取り組むべき課題を整理します。
Step 4 施策立案 課題を解決するための最適な施策(対応策)を企画し、取り組みの優先順位を検討しながら、実際の導入・実施に向けた計画を策定します。
Step 5 導入・実施 立案された施策を導入・実施します。無理なく確実に遂行できるよう、適宜計画を見直しながら、モニタリングを行います。
Step 6 効果確認 導入・実施した施策が効果を発揮しているかどうか、またお客さまのビジネスに定着しているかどうかを確認し、次のアクションを検討します。